BLOG

山陽道の旅4/4 大三島・児島編 Travel to Omishima Island & Kojima

旅日記 Travel Journals

山陽道の旅1/4 鞆の浦・竹原編 Travel to Tomonoura & Takehara

山陽道の旅2/4 広島市・宮島編 Travel to Hiroshima & Miyajima

山陽道の旅3/4 因島・生口島・大三島編 Travel to Shimanami Kaido Cycling

 

前夜に続き、朝もお腹いっぱいの朝食もいただいて、大三島の民宿紺玉をチェックアウト。

宿のお父さん、お母さんと記念撮影です。

ここの建物は古く、帳場あたりは雑然としていて、支払いは現金のみ、予約方法は電話のみ、Wi-Fiもなくて、もちろん英語は通じません。

それでも今後、若葉屋からしまなみ海道を目指すお客さんがおられたらこの民宿紺玉をおすすめするでしょう。

After a great breakfast and taking a commemorative photo with the host couple of Minshuku (Japanese-style inn) Kontama, I checked out there.

The building is old, the counter is messy, they accept only cash payment, receive a booking only by phone, no Wi-Fi, no English.

Nevertheless, I will recommend this wonderful inn to our guests heading for Shimanami Kaido road.

さて、自転車を南へ約30分こぎまして到着したのは、伊東豊雄建築ミュージアム

香川県内には建築スポットが多く、若葉屋にも建築めぐりのお客さんが多く来られます。

今までもときどき、この建築ミュージアムをご紹介してきましたが、私が実際に来るのはこれが初めて。

I cycled for 30 minutes to the south for the Toyo Ito Museum of Architecture.

Many architecture fans visit Kagawa also and stay at Wakabaya.

I had sometimes introduced this museum to them, but this was the first time to visit for me.

建築ミュージアムというだけあって、「建築! どやっ!」という感じかと思いきや、中には入れば主役はここ、大三島でした。

島の人々、島の暮らし、島の風景。

展示は年1回で変わるそうですが、伊東豊雄氏が建築家として関わる大三島の姿を感じられる場でした。

As it was the museum of architecture, I thought that it exhibited the architecture, but when I entered, their subject was the local people of the island, the life on the island, and the landscape of the island.

It was the place where we can see Omishima Island, where ITO Toyo is involved as an architect.

大三島での最後の目的地は、大山祗(おおやまづみ)神社

敢えて写真を多くは撮りませんでしたが、荘厳な神社です。

瀬戸内の水軍や時の権力者から篤い信仰を集めてきた山の神であり、海の神であり、戦の神でもあります。

この大山祗神社は奥に宝物館(入館料1,000円・撮影不可)があって、主に鎌倉時代〜戦国時代の甲冑を見ることができます。

奉納されている武具を見ても、どれほどの篤い信仰を集めてきたのかがわかります。

The last destination on Omishima Island was Oyamazumi Shrine.

I avoided taking many pictures in the sacred shrine.

The deity of mountain, sea, and battle is enshrined and gathered deep faith from the local naval forces and those in power at that time.

Plenty of offerings of samurai’s armors of around the 12th century are exhibited in the treasure hall (an admission fee 1,000JPY / photo is prohibited).

大山祗神社横のサイクルターミナルでクロスバイクを返却し、島内の路線バスに乗りました。

無理して自転車をこぐ必要もなく、こうやって地元の交通機関に揺られるのも悪くない旅です。

大三島からJR福山駅まで高速バスで戻り、そこからJRで岡山県倉敷市は児島へと向かいます。

I returned the bike to the cycle terminal next to the shrine and took a local bus.

We do not have to ride a bike all the way, and it is also a nice trip to take local transportation.

Changed to a highway bus for JR Fukuyama Station and headed to Kojima in Kurashiki City, Okayama by JR.

JR児島駅です。

そう、ここはジーンズの町なのです。

江戸時代に綿花地帯として栄え、そこから近代には繊維産業が興り、戦後に初の国産ジーンズがここで誕生しました。

Here is Kojima Station.

Yes, this is a jeans town.

Cotton culture prospered from the 17th century in Kojima, and the textile industry flourished in modern times, then the first made-in-Japan jeans were born here after the war.

児島駅から少し歩くとジーンズストリートに着きます。

主にジーンズ製品を扱うアパレルショップが立ち並び、その中のいくつかはジーンズメーカーの直営店であり、本店です。

実はゲストハウスを開業してから、平均年1本の頻度でジーパンを買い替えています。

夏以外は年がら年中ジーパンを履いていて、宿の清掃やシーツ掛けなどをしていると膝部分が破れてくるのです。

少し高くてもいいから、動きやすくて耐久性のあるジーパンを買いたいと思っていたのです。

A short walk from the station brings us to Jeans Street.

There are many apparel shops dealing mainly in jeans products, some of which are directly managed by the jeans manufacturers.

I replace jeans almost every year.

Daily cleaning in the guest house and preparing beddings wears my jeans out quickly.

I have wanted jeans more durable but easy to move.

まず入ったお店は、国産ジーンズの先駆け的メーカー、BIG JOHNの児島本店。

店内にはミシンがずらりと並び、そこで職人さんが実際にミシンを使っています。

広い店内に在庫がたくさんあるので、店員さんに相談しながら心ゆくまで試着することができます。

こちらでは15.5ozのジーパンを1本購入。

The first store I entered was BIG JOHN, a pioneering manufacturer of Japanese jeans.

The workmen actually use the old sewing machines lined up in the store.

They prepare a lot of stock, so we can try them many times while consulting with a clerk.

I bought a 15.5oz pair of jeans there.

さらに、もう1本買っておきたいと向かったお店は、比較的新しい国産ジーンズブランド、桃太郎ジーンズの児島味野本店。

こちらでは14.7ozのジーパンを1本購入。

Another store I entered was Momotaro Jeans, a relatively new Japanese jeans brand.

I bought a 14.7oz pair of jeans there.

これで今回の3泊4日山陽道の旅は終わりました。

旅で使った費用のうちの半分は、このジーパン2本でした。

長く愛用したいと思います。

I closed my four-day journey.

Half the travel expense was the two pairs of jeans.

I will wear them for a long time.

関連記事