BLOG

山陽道の旅1/4 鞆の浦・竹原編 Travel to Tomonoura & Takehara

旅日記 Travel Journals

まん防も全国一斉解除になるとのことで、そろそろ、この旅日記を公開しましょうか。

 

冬に3泊4日で山陽道の旅に行きました。

  • 1日目:高松→岡山乗り換え→広島県福山市鞆の浦→広島県竹原市→広島市泊
  • 2日目:広島市内ピースツアー→宮島→宮島口付近泊
  • 3日目:因島からしまなみ海道サイクリング→生口島→大三島泊
  • 4日目:大三島→福山乗り換え→岡山県倉敷市児島ジーンズストリート→高松

若葉屋をチェックアウト後にお客さんが岡山方面やしまなみ海道へ向かわれるということはしばしばありますし、欧米からのお客さんでは広島方面へ向かわれる方も少なくありません。

そこで今回、実際に自分で現地を旅してみてその印象をもとに、今後の若葉屋のお客さんへのご案内に役立てようと思ったわけです。

案外、真面目な視察旅行です。

I traveled along the Seto Inland Sea for four days.

  • Day 1: Takamatsu → Tomonoura (Hiroshima) → Takehara (Hiroshima) → Hiroshima City
  • Day 2: Cycling Peace Tour in Hiroshima → Miyajima (Hiroshima)
  • Day 3: Cycling Shimanami Kaido Road, Innoshima Island → Ikuchijima Island → Omishima Island (Ehime)
  • Day 4: Omishima → Kojima (Okayama) → Takamatsu

Some of the guests of Wakabaya head for Okayama and Shimanami Kaido Road, and some western tourists go towards Hiroshima.

So, I decided to travel those areas by myself to bring my own experience to introduce to our guests.

早朝6:28に若葉屋最寄りのことでん花園駅を発って、8:56に福山駅に到着。

最初の目的地である「鞆の浦」の字が見えてくると、旅の始まりを感じます。

I left Hanazono Station, the closest from Wakabaya at 6:28 in the morning, and arrived at JR Fukuyama Station at 8:56.

Seeing “Tomonoura”, the name of my first destination, I felt the beginning of my journey.

トモテツバスに乗って、鞆の浦に到着。

バスを降りて感じる潮の香りが、旅情をそそります。

この時期、公共交通機関を使っての鞆の浦IN、鞆の浦OUTのルートを考えるとどうしても、JR福山駅〜鞆の浦間のバスによる出戻りになってしまいます。

しかし実際にやってみると、バスは片道30分で運行頻度も許容範囲内なので、案外悪くありませんでした。

でも本当は、尾道〜鞆の浦間の船旅(季節運行)を楽しみたいところです。

Arrived at Tomonura by Tomotetsu Bus.

The scent of the sea inspires us with the feeling of travel.

Planning the route of Tomonoura IN/OUT by public transportation, there is no way other than taking the same returning bus to Fukuyama Station.

However, when I tried it actually, the bus ride was only 30 minutes one way and runs enough frequently, so it was not bad.

But telling the truth, I wanted to enjoy the cruise between Tomonoura and Onomichi, which run only seasonally.

鞆の浦の風情ある町を散策します。

I wandered around the historical town in Tomonoura.

保命酒(ほうめいしゅ)という薬味酒が特産のようなので、入ってみましょう。

“Houmeishu” herb liquor seems a local specialty here.

Let’s try it!

奥が酒蔵で、手前が販売所になっています。

試飲させていただくと、すごく美味しい。

旅の最初の目的地にもかかわらず、まんまと保命酒を土産に買ってしまいました。

ここ数日は就寝前にお猪口一杯ずつ、飲んでいます。

The front side of the building is a store and the back is a brewery.

I tasted it, and was so delicious!

Despite my first destination on the trip, I bought Houmeishu liquor as a souvenir.

Now, I drink a shot of Houmeishu before sleeping.

鞆の浦を代表するこの景色。

福禅寺対潮楼です。

ここでゆっくりと日が沈む景色を眺めたいものです。

Here is the great view of Tomonoura from Fukuzenji Temple.

I would like to see the sunset here.

鞆の浦は潮待ち、風待ちの港として栄えました。

町はさほど大きくないものの、見どころが面的に広がっているので散策が楽しい町です。

Tomonoura prospered as a port waiting for the tide and the wind.

It is fun to take a walk in the small town to visit widespread attractions.

旧商家である太田家住宅です。

鞆の浦では楽しみにしていたガイドツアーがコロナ禍で催行されず、唯一、この太田家住宅で明るいマダムたちから詳しい解説を聞くことができました。

やはりただ歩いて眺めるだけではわからない見どころがあるのです。

This is the Ota Residence, an old merchant house.

I intended to participate in a guided tour in Tomonoura, but it was unfortunately canceled due to Covid.

However, I could listen to the detailed explanations about the residence here from these pleasant guides.

A stroll is fun but not enough to find out the local depth without a guide.

宿泊、飲食、お土産もあって、バス停前に観光情報センターもあるため、一泊する価値が十分にあると感じます。

There is accommodation, food, souvenirs, and a tourist information center in front of the bus stop, so it is well worth the stay.

お昼ごはんを終えて、再びJR福山駅を経由して次は、広島県竹原市へ。

安芸の小京都と称され、町並み保存地区があります。

ここでも観光ガイドツアーはコロナ禍で催行されず、私の竹原での感想は「もったいない」でした。

旧家の保存状態は良さそうで、石畳や電柱地中化もされているのに、町のことは何もわかりませんでした。

After lunch, I went to Takehara via JR Fukuyama Station.

It is called Little Kyoto in Hiroshima and has a preserved historical area.

It was really a pity that the guided tour was canceled here again due to Covid.

Although the old houses are well preserved, streets are paved with stones, and utility poles are underground, I didn’t know anything about the town.

そんな中、町並み保存地区からJR竹原駅へ歩く道中の商店街で。

ひらがななのか漢字なのか、読めない店名のお店があって気になっていると、ちょうどお店の人が出てきました。

そこで尋ねると、「ちちぶや」と読むそう。

「婦」を元にした昔の変体仮名に濁点がついて「ぶ」でした。

店内に入らせてもらうと呉服店で、「昔はお着物をよお売らせてもらいましたけれど、今は店を開けるだけでも開けておこうって」とお母さん。

そんなおしゃべりをしてから、竹原を高速バスで発ち、広島市へと向かいました。

Along a shopping street on the way back to Takehara Station from the historical area, I stopped in front of a store, whose name was unreadable even for Japanese.

The old owner came out and told me how to read it.

“Chichibuya”

When I entered the store, it was a kimono shop.

The wife of the owner said, “We used to sell kimono so many, but now we just keep to open our shop.”

After having such a chat, I left Takehara by a highway bus for Hiroshima City.

山陽道の旅2/4 広島市・宮島編 Travel to Hiroshima & Miyajima

 

関連記事