BLOG

お遍路ライバルとの出会いと別れ Encounter and farewell to a pilgrim rival

旅日記 Travel Journals

2021年11月9日から2泊3日で幸太郎(7)と一緒に歩き遍路にでかけました。

今回は徳島県の府中(こう)駅を出発して、17番札所井戸寺から22番札所平等寺まで58kmを歩きます。

I went on the pilgrimage from 9th November 2021 with 7-year-old Kotaro for three days.

We started Kou Station in Tokushima and walked from the 17th, Idoji Temple to the 22nd, Byodoji Temple fro 58km.

井戸寺を早々にお参りしてから18番札所恩山寺までは、徳島市街地を抜けるコースと、その裏山山中を抜けるコースとがあります。

幸太郎はもちろん、山道を選択。

思った以上に歩きづらかったですが、それでも交通量の多い市街地を歩くよりはこっちのほうがいいのです。

After leaving Idoji Temple, there were two options of the route to the 18th, Onzanji Temple.

A route through Tokushima city, and another route going through the mountain behind the city.

Kotaro, of course, chose the mountain route.

However it was harder to walk than expected, was better than to walk on the busy city streets.

今回のお遍路は、府中駅を出発して間もなくの道中で出会ったお遍路さん、Iさんと一緒に歩く旅となりました。

This pilgrimage was a trip with an ohenro-san, Mr.I, who we met between Kou Station and Idoji Temple.

Iさんのペースに意地でも遅れを取るまいと、歩き続けてようやく着いた恩山寺。

We tried to keep up with Mr.I and finally arrived at Onzanji Temple.

暗くなりかけた頃に、この日のお宿、鮒の里に到着しました。

初日の歩行距離は24km。

お遍路ライバルのIさんが居なければ到着はきっと、暗闇になっていたでしょう。

そのIさんは道中にあった遍路小屋で野宿です。

幸太郎はIさんがここで野宿するのか、と驚いたようで、早速絵日記に書き留めていました。

When it was getting dark, we arrived at the inn, Funa no Sato.

The walking distance on the first day was 24km.

Without our pilgrimage rival, Mr. I, the arrival would have been in the night.

Mr. I slept in a hut on the way.

Kotaro seemed surprised that Mr. I would be camping there, so he immediately wrote it down in his picture diary.

翌朝、鮒の里のご主人とスリーショットを撮って、2日目、スタートです。

The next morning, we pictured with the host of Funa no Sato, and the second day started.

朝7時に19番札所立江寺をお参り。

We visited the 19th, Tatsueji Temple at 7 am.

立江寺を去ったところで、これから立江寺に向かうところのIさんにご対面。

今日も会えて、良かったね!

After leaving Tatsueji Temple, we met Mr. I heading to Tatsueji.

So happy to meet him again!

20番札所鶴林寺に続く山を、Iさんと一緒に登ります。

その途中に湧き水があって飲んでみると、

We climbed the mountain for the 20th, Kakurinji Temple with him.

There was spring water on the way, and when Kotaro drank it,

なんか、パワーがわいてきたぞ!

それは水呑大師でした。

the power has come!

It was a spring that conveys the legend of Kobo Daishi.

ついに鶴林寺に到着。

撮影はIさん。

Arrived at Kakurinji Temple, at last.

Mr. I pictured.

境内のお参りもIさんと一緒。

We walked together with him in Kakurinji.

鶴林寺から21番札所太龍寺へは、せっかく登った山を沢まで下ってから、もう一度登らされる厳しい道のりです。

その沢に降りるまでは、Iさんと一緒でした。

しかしIさんは足にマメを作っていて、これ以上歩きすすめると、日暮れまでに次の野宿スポットに到達することはできないと判断。

鶴林寺と太龍寺の間の沢にある休憩所でこの日の歩きをやめて、私たちと別れることになりました。

It was a tough road between Kakurinji Temple and Tairyuji Temple to climb again after going down the mountain that we have climbed.

We were with Mr. I until before climbing the second mountain.

However, he recognized that if he walked further, he would not be able to reach the next spot to camp before sunset because his shoes have raised blisters on his feet.

He stopped walking on that day at a resting hut and decided to separate from us.

私たちはそのまま、太龍寺まで歩を進めます。

太龍寺の山も終盤です。

We continued to walk forward to Tairyuji Temple.

到着。

鐘楼の鐘を鳴らします。

2つの山を登り、20kmを踏破しました。

Finally, arrived and rang the bell of the temple bell tower.

We climbed two mountains and walked 20km.

太龍寺からは西日本で最長のロープウェイで下界へ降りました。

今回のお遍路の楽しみは、このロープウェイでもありました。

We went down to the lower world by the long ropeway from Tairyuji.

Kotaro was looking forward to taking this!

ロープウェイを降りてほぼ正面にある、この日の宿、そわかに駆け込みチェックイン!

After getting off the ropeway, we rushed into the inn.

最終日。

22番札所平等寺に向けて大根峠を越えます。

The last day.

We crossed Ohné Pass toward the 22nd, Byodoji Temple.

平等寺をお参りして、3日目の13kmは午前中に踏破。

新野駅の地面に伏せて、絵日記を書きます。

After Byodoji, we finished 13km walking before noon.

Kotaro lay down on the ground at Aratano Station to write a picture diary.

汽車に乗っても絵日記を書きます。

書きたいことがいっぱいあるのです。

遍路を終えて帰宅しました。

Iさんを休憩所に残して別れた話をお母さんにすると、幸太郎は泣いてしまいました。

ずっと一緒に歩いてきた仲間との別れが辛かったのです。

づづく

He kept writing the picture diary on the train too.

He had a lot to write.

We came back home.

When Kotaro told his mother that we had left Mr. I at the resting hut and separated, Kotaro cried.

It was so sad for him to say goodbye to his pilgrim friend.

(continued)

関連記事