BLOG

山陽道の旅3/4 因島・生口島・大三島編 Travel to Shimanami Kaido Cycling

旅日記 Travel Journals

山陽道の旅1/4 鞆の浦・竹原編 Travel to Tomonoura & Takehara

山陽道の旅2/4 広島市・宮島編 Travel to Hiroshima & Miyajima

さて、少し間が空いてしまいましたが、山陽道の旅の3日目です。

広島市新白島駅から高速バスに乗り、お昼前に因島(いんのしま)の土生(はぶ)港に着きました。

ここでクロスバイクを借りて、しまなみ海道サイクリングのスタートです。

Day 3.

I took a highway bus from Shin-Hakushima Station in Hiroshima and arrived at Habu Port in Innoshima  Island before noon.

I rent a cross bike there and started cycling on the Shimanami Kaido.

と、その前に腹ごしらえ。

前夜にゲストハウスきちで若葉屋の常連さんから「いんおこ(因島のお好み焼き)なら、上田」と教わっていたので、上田お好み焼きへ。

Oops, before cycling, let’s take lunch!

I went to Ueda Okonomiyaki, which one of the guests in KICHI recommended.

テイクアウトのみの対応だったので、テイクアウトしたいんおこを島々を眺めながら食べることにしました。

しまなみ海道サイクリングらしい昼食です。

I took out Ueda’s Okonomiyaki to the seaside and enjoyed an island picnic.

因島から生口島(いくちじま)に入り、耕三寺に立ち寄りました。

ここは観光を考える上で、実に面白いスポットです。

昭和に個人実業家が建立した比較的新しい寺院で檀家は居らず、すべてを博物館として登録、公開しています。

I landed on Ikuchijima Island after Innoshima Island and stopped at Kosanji Temple.

Thinking about tourism, this is an interesting spot.

It is a relatively new Buddhist temple built about 80 years ago by a businessman.

It has no religious supporters and is opened all to the public as a museum.

ご覧のとおり、どこかで見たことがあるようなきらびやかな建造物がどんどん出てきます。

You will see glittering buildings imitating famous Japanese temples one after another.

奥には彫刻家が制作した大理石庭園まであって、これこそインスタ映えスポットです。

入館料は1,400円とまあまあしますが、さすが整備、修繕はしっかりされています。

真冬の平日にもかかわらず、観光客も散見されました。

ある意味、割り切った寺院であり、博物館であり、観光地であって、おもしろいインスタスポットです。

There is a marble garden created by a sculptor too.

So instagenic spot.

It costs 1,400 yen for the admission fee, but it is well maintained and repaired.

Despite the cold winter weekdays, I saw some tourists there.

In a sense, it’s a unique temple, a museum, a tourist spot, and instagrammable.

冬のしまなみ海道では柑橘類が「撮り」放題です。

Winter is the best season of citrus fruits on Shimanami Kaido.

因島から生口橋を渡って、生口島を反時計回りに外周するコースはアップダウンがほぼなく、海と島を眺めながらの快走路が続きます。

しまなみ海道サイクリングはどうしても、尾道〜今治間を走破することが目的になりがちですが、バスや船を利用しながら、こうやって走りたい区間だけを走るというのも、おすすめです。

The counterclockwise road around Ikuchijima Island from Ikuchibashi Bridge is almost flat and easy to bike while seeing the sea and the islands.

Although the cyclist tends to travel the entire 70km course by bike between Onomichi, Japan main island side, and Imabari, Shikoku island side, I recommend pedaling only the section you like by taking a bus and ferry on the others.

生口島と大三島をつなぐ多々羅大橋が見えてきました。

完成当時は世界最大の斜張橋だったそうです。

I saw the Tatara Bridge, connecting Ikuchijima and Omishima.

At the time of completion, it was the largest cable-stayed bridge in the world.

この多々羅大橋上に広島県と愛媛県の県境があります。

思わず、反復横跳びをやってみたくなりますね。

There is a prefectural border between Hiroshima and Ehime on the bridge.

Let’s jump it over!

大三島に降り立つと、道の駅多々羅しまなみ公園内にサイクリストの聖地碑があります。

There is a Cyclist Sanctuary Monument on the end of the bridge in Omishima Island.

そこから30分こいで峠を越え、島の西側の宮浦地区に今夜の宿があります。

大三島はしまなみ海道のちょうど中間にあって、且つ、最大の島なので宿を取るのにいい島です。

宿泊施設は民宿、旅館、ゲストハウスから、サイクリスト向けのコテージやホステルなど、タイプも価格帯もいろいろと選択肢があります。

その中から「ここだ!」と選んだのは、民宿紺玉(こんたま)。

A 30-minute ride from the monument, there was an inn I booked in the Miyaura district on the west side of the island.

Omishima Island is located right in the middle of the Shimanami Kaido and is the largest island, so it is a good place to stay.

There are various types and price ranges of accommodation there.

Among them, the one I chose was “Kontama“.

選んだ理由はこの豪華な食事!

めったに食べることのないアコウの刺身と煮付け、さらにオコゼの唐揚げに、穴子がいっぱい入った茶碗蒸し。

この日の宿泊客は私一人しか居なかったのにもかかわらず、こんなにもの品数ある夕食です。

白ごはんのおかわりが止まりません。

The reason why I chose was their wonderful seafood dinner!

Even though I was the only guest on that day, it was a supper with so many dishes!

I could not stop helping the rice.

関連記事