BLOG

同行二人のツーショット A photo of a pilgrim couple.

旅人さん Our Guests

70歳代ぐらいの女性がおひとりで若葉屋に宿泊されました。

軽自動車を運転しながらのお遍路です。

電話で予約をいただいた際に話してくださったのですが、先月、突然にご主人を亡くされたとのこと。

日々、泣きながら暮らしていたものの、四十九日を迎える頃には、もう泣き崩れてしまうことがないようにと、心の整理をするためのお遍路だそうです。

チェックインをしながらも、生前、ふたりでドライブ旅に出かけては、「カーナビをしっかり見ていろ」と叱られたこと、洗濯物が側溝に落ちたらいつもご主人が拾ってくれたこと、鼻が高くてハンサムなご主人の横顔に惚れたこと、秋に買い替えたばかりのスマホを全く使いこなせていなかったこと、いろいろな思い出を話しては笑い、話しては涙を流されました。

A woman in her 70s stayed alone at Guest House Wakabaya.

It was an ohenro pilgrimage by car.

When she made her reservation over the phone, she told me that she had lost her husband last month.

She has lived crying, but she decided to go on pilgrimage to calm her mind so that she wouldn’t cry anymore.

While checking in, she told me her memories with her husband.

“When we went on a driving trip together, he used to order me to keep looking at the car navigation system carefully.”

“When the laundry fell into the gutter, he always picked it up for me.”

“I fell in love with his handsome profile with a high nose.”

“He bought a new smartphone last fall but couldn’t use it well at all.”

While she was talking about the memories a lot, she laughed and shed tears.

「このお遍路には主人と一緒に来たんです。」

ご主人の小さな写真を見せてくれました。

チェックアウトの朝。

お見送りのときに、「ご主人と一緒に、ツーショットをお撮りしましょうか」と声をかけました。

奥様と、奥様が手にした写真の中のご主人。

お遍路旅のツーショットを撮り終えて、出発されました。

まもなくして、春の暖かな雨が降り始めました。

“I came to the pilgrimage with him.”

She showed me a small photo of her husband.

On the check-out morning.

“Shall I take a photo of you two?”

When I saw her off, I suggested to her.

She stood with his photo in her hands.

After taking the photo of the pilgrim couple, they left.

It began raining on a warm spring morning.

関連記事