BLOG

母校で講演 コロナ禍は困難か? Is Covid disaster for me?

おしごと Owner's Works

私の母校、香川県立三木高等学校です。

この三木高の三年生たちを前に、講演をさせていただきました。

This is my alma mater, Kagawa Prefectural Miki High School.

I gave a lecture to the third-grade students there.

間もなく高校を卒業する三年生たちが、今後出くわすであろう予測不可能な困難に対して、どう立ち向かっていけばいいのかを話してほしい、というのが私に対する講演依頼でした。

この難しいテーマについて、何度も構成を練り直しました。

そうしていくうちに、ゲストハウス若葉屋を営む私にとって、このコロナ禍は果たして「予測不可能な困難」なのだろうかと、自問するようになりました。

私自身の体験をもとに、人々に向けて話をするということは、自分自身を振り返って整理することにもなるのです。

I was asked to talk about how to deal with the unpredictable difficulties that the students may encounter in the future after graduating from high school.

I rewrote the script on the difficult theme many times.

In the meanwhile, I asked myself whether Covid was an “unpredictable difficulty” for me, who runs Guest House Wakabaya.

Talking to people about my own experience also means looking back at myself and organizing my ideas.

講演本番。

私は、私にとってコロナ禍は困難ではないと話しました。

コロナ前は売上の4割を占めていた訪日客(インバウンド)が蒸発。

国内客の宿泊も激減して、売上はコロナ前の8割減です。

これに公的な補助金などを充てても、収入はコロナ前の半分です。

とんでもないことです。

I talked that Covid is not difficult for me in the lecture.

Tourists to Japan, which accounted for 40% of Wakabaya’s sales before Covid, have evaporated.

The number of domestic guests has also dropped sharply, and sales are down 80% compared to before Covid.

Even with public supports, the income is half that before Covid.

It’s ridiculous.

それでも私に焦りはなく、困難であると思っていません。

それは、売上が減った以外には、何も変わっていないことに気づいたからです。

若葉屋の建物が崩れたわけでもなければ、設備が壊れたわけでもなく、私も家族も健康です。

売上は減りましたが、経費支出も減っているので、営業損益は黒字です。

なんなら、売上は失いましたが、代わりに時間を得ることができました。

Still, I’m not impatient and I don’t think it’s difficult.

That’s because I realized that nothing had changed except for the decrease in sales.

The Wakabaya building hasn’t collapsed, the equipment hasn’t broken, and I and my family are in good health.

Sales have decreased, but expenses have also decreased, so operating income is in the black.

I lost sales, but I got time instead.

2014年7月の開業から、もしコロナもなくそのまま突っ走っていたとしたら、外壁を塗り直すことも、ウェブサイトをリニューアルすることも、開業以来の経営をじっくりと振り返ることもなかったでしょう。

さらに、夏に家族で海やキャンプに出かけることもなかったでしょう。

If I had been running without Covid since our opening in July 2014, I would not have had enough time to repaint the exterior walls, renew the website, or analyze our management since the opening.

Moreover, I wouldn’t have gone out to the sea or camping with my family in the summer.

そもそも、私がどうしてゲストハウス開業を志すようになったたのかを思い返してみれば、それはセネガルの村で過ごした日々にさかのぼります。

どうすれば、ここの村の人たちのように、家族のそばで働き続けることができるだろうか。

ゲストハウス若葉屋はその思いが形になった私の働き方であり、暮らし方です。

開業から6年半後に、コロナ禍を迎えました。

Looking back on why I decided to open a guesthouse, I remember the days in the village of Senegal.

How can I work near my family like the Senegalese villagers?

Guest House Wakabaya is my way of working and living, which is the embodiment of my thoughts.

When six and a half years have passed after the opening, we encountered Covid.

しかし、相変わらず、家族のそばで働き続けることができています。

むしろ、コロナ前以上に家族のそばに居ることになっています。

昨年に3人目の子、寿々子が生まれて、特にそう感じます。

However, I am still able to continue working near my family.

Rather, I can be closer to my family than before Covid.

I realize it definitely because our third child, Suzuko, was born last year.

若葉屋にはときどき、ゲストハウス開業を志す方が泊まりに来られます。

そして必ずと言っていいほど、ゲストハウスの開業、運営上の苦労話を聞かれるのですが、これが思い浮かばないのです。

笑い話やネタはありますけど、このコロナ禍ですら、困難だと思っていないのですから。

Wakabaya sometimes has guests desiring to open a guesthouse and they often ask me about the difficulties in opening and operating a guesthouse.

However, I do not have them.

I have many laughter stories, but I don’t think even Covid is difficult.

私が母校の生徒たちを前に話したことは、「三木高生よ、貪欲であれ」です。

「やりたいことを、やりたいようにやるんだ!」ということにこだわり続けていれば、出くわすはずの困難が、困難でなくなってしまう。

理屈や成功論はそっちのけで、私の現在進行形の実体験をお話しました。

What I told the students at my alma mater was, “Stay hungry.”

If you seriously strain to do what you really want to do, the difficulties you should encounter will no longer be difficult.

Without a logical theory of success, I talked about my ongoing experience.

とはいえです。

世界各地からの旅人たちをお迎えしていた日常は楽しくて刺激的でしたし、私たち家族もまた、バックパックを背負って旅に出たいですから、コロナ禍が明けることを願ってやみません。

However, we miss the exciting days of welcoming travelers from all over the world and yearn to travel abroad with backpacks again.

May Covid be over soon.

関連記事