BLOG

懐かしい部屋 A room brings back memories

旅人さん Our Guests

「あー、懐かしい、この部屋!」

「私、このベッドだった!」

“Yes, it’s our room!”

“I remember this bed was mine!”

先日、宿泊された女性4人グループのお客さん。

部屋に入るなり、4年前の思い出が沸き起こってきたようです。

As soon as 4 women group guests entered the room, it reminded them of their good memories of four years ago.

実は、4年前にも若葉屋に宿泊してくださっています。

そのときは、大学のサイクリング部の合宿で、若葉屋の駐輪場には自転車が13台、ずらりと並びました。

そのときのことを、若葉屋のブログにも書いていました。

Actually, they stayed at Wakabaya four years ago too.

It was a training trip of the cycling club of the university at that time, and as many as 13 bicycles lined up in our bike parking lot.

それから4年が経ち、皆さんはもう、社会人。

今回は自転車ではなく、車での楽しい女子旅です。

Four years have passed since then, they are members of society now.

It is a fun girl’s trip by car, not by bicycle this time.

若葉屋は今年でオープン7年目を迎えます。

お客さんの「懐かしい」という言葉を耳にして、「ああ、若葉屋ももう、『懐かしい』と思ってもらえるぐらいの年月が過ぎているんだな」と感じました。

そして、お客さんの楽しい思い出の場となっていることも、こうやってまた、若葉屋に帰ってきてもらえることも、宿主として、本当に嬉しく思います。

Guest House Wakabaya is going to celebrate its 7th anniversary soon.

When I see the guests remembering their old memories in our room, I feel that so long time has passed since the opening.

And what’s more,  it is really happy for me as a host that Wakabaya becomes a place to have fun memories for guests and they come back “home”.

関連記事