BLOG

ことでん少年 A Train Boy

旅人さん Our Guests

そのお客さんは、私の伯父の名前を知っていました。

The guest knew my uncles’ name.

私の伯父は、もう退職していますが、ことでんで働いていました。

My uncle is already retired, but he was working at “Kotoden”.

ことでんというのは、知る人ぞ知る、香川県を走る私鉄、高松琴平電気鉄道の愛称です。

Kotoden is a nickname for the Takamatsu Kotohira Electric Railway, a private railway running in Kagawa Prefecture.

こちらのお客さんは関西からのお越しですが、もともとは高松生まれで、驚くことに、若葉屋から徒歩5分ほどのところに住んでおられたそう。

He visited us from near Osaka, but he was originally born in Takamatsu and, surprisingly, had lived Wakabaya’s neighbourhood.

小学生の頃からことでんのファンで、子どもながら、ことでんの車内だけでなく、社内にまで乗り込んでいったとのこと。

He has been a fan of Kotoden since he was in elementary school, and while he was a boy, he got into Kotoden’s office!

そのときに対応してくれたのが、まだ当時、若手社員であった、私の伯父だったのです。

A young employee welcomed the small train boy in the office.

He was my uncle.

ことでん少年はその後も、ことでん社内へ私の伯父を訪ねては、ことでんについて教わります。

The train boy visited my uncle inside the company again and again to learn Kotoden.

さらにことでん青年になっても、ことでんの写真を撮り続け、ことでん側からの依頼を受けて、社史である『60年のあゆみ』に写真を提供するまでになります。

Even when the boy became a man, he continued to take pictures of Kotoden, and at the request of Kotoden, he even provided his pictures to Kotoden’s official 80th-anniversary book.

私も、アクションを起こすほどではないにしろ、ことでんを含め、鉄道が好きです。

I also like a train, including Kotoden, of course.

高校3年間は毎日、ことでんに(物理的に)揺られながら通学していて、系統ごとの乗り心地の違いを楽しんだものです。

I had gone to the high-school every day for three years while being shaken in antique trains and enjoyed the characteristics of each train.

ことでんに限らず、香川県内の交通の歴史や、高松の変遷など、約2時間に渡る楽しいおしゃべりとなりました。

It was a fun chat for about two hours, such as the history of transportation and the change of Takamatsu with the train boy.

 

関連記事