BLOG

パソコン持参のワーケーションにも Work-cation in Wakabaya

おしごと Owner's Works

先日、若葉屋をワーケーションでご利用いただいたご家族がおられます。

お父さん、お母さんと、小さなお子さんです。

お父さんはほとんど、持参のノートパソコンの前でお仕事をされていて、空いた時間で観光や、地元グルメなどをご家族で楽しみながら、四国で1ヶ月間のワーケーション旅です。

なるほど、今どきの旅です。

若葉屋の居間や客室の机は、床に座って使う座卓なのですが、居間に一つだけ、椅子に座って使うテーブルがあります。

A family stayed at Wakabaya as their work-cation (work + vacation) place.

They were a father, a mother, and a small child.

The father spent most of his time for work in front of his own laptop and enjoyed sightseeing and local foods with his family at free time.

The desks in our living room and guest room are low tables but there is another table with a chair in the living.

このテーブルには、若葉屋のお客さんたちが自由に使えるように、共有のノートパソコンを置いています。

しかしお父さんは、仕事用のパソコンをテーブルで使われていて、テーブルにある宿パソコンがむしろ、邪魔そう。

かと言って、宿パソコンを使われるお客さんもときどきおられますし、コロナ前は海外の方も使われていたので、いつの間にか、ヘブライ文字も打てるようになっていたりもします(笑)。

A shared laptop is prepared on that table for the guests.

The father was working at this table with his own laptop and the shared laptop looked occupying his workspace.

However, the shared laptop is also necessary for some of our guests.

On that evidence, someone Israeli guest set up it to type Hebrew.

そこで、木製の縦置きスタンドを買ってみました。

これで、持参のノートパソコンでの作業もしやすくなりました。

So, we put a wooden vertical stand for the laptop.

Yes, it makes it easier to work on the desk with the guest’s own laptop too.

関連記事