BLOG

四国一周ドライブ・ツーリング

旅のコツ (Japanese)

四国は小さくない!

四国を初めて、車やバイクで一周する場合、おそらく、四国はあなたが思っているよりも大きいです

香川、徳島、高知、愛媛の4県を4日間で回る計画を立てる方が多いですが、かなり忙しくなります。日程に予定をもたせるか、距離が短めになるコースを組んでみましょう。

四国を海岸線でぐるりと一周する場合は、かなり距離が伸びますので、注意が必要です。室戸岬(四国の南東・右下)と、足摺岬(四国の南西・左下)周辺は、高速道路もありません。ただし、景色はいいですよ。

地図アプリと国道を過信しない

有名な国道439号、通称「ヨサク」

四国の山間部でのドライブ、ツーリングにも、注意が必要です。

地図アプリでは行けることになっていたり、「国道」であっても、道幅がかなり狭かったり、カーブが多くて予想以上に時間がかかったりします。

いわゆる、酷道です。

さらに、山間部では冬期通行止めもあります。山間部を走行する前に、通行止め情報を確認していおきましょう。

四国地方道路情報提供システム

四国ツーリングには、ツーリングマップル

地図アプリだけでなく、本の地図「ツーリングマップ」での予習をおすすめします。

地図アプリでは、常に現在地がわかりますし、目的地へ(およそ)行くこともできます。

ただし、地図アプリが示したルートが、ライダー的に走りたくなるルートかどうかは、また別の話。

ツーリングマップルは、ライダー記者が実走取材して作り上げられているので、四国ツーリングの醍醐味や絶景を楽しめるルートを紹介してくれています。

ツーリングマップルでルート決めをして、その各ポイントを地図アプリに保存して走る、というのがおすすめです。

若葉屋の本棚にも置いてあります。

ツーリングマップル

四国の絶景をめぐるなら四国八十八景

公共交通機関が十分ではない四国で、絶景をめぐるならやはり、車、バイク、自転車ですね!

そのときに、絶景ポイントをほどよく絞って、おすすめしてくれているのが、四国八十八景プロジェクトです。

その絶景がいったい、どこから眺めることができるのか、具体的な地点、アクセス方法、問い合わせ先などを旅行者目線で示してくれます。

なお、四国八十八景の冊子は若葉屋に置いてあります。

四国八十八景プロジェクト

 

2021/8/5更新

関連記事