BLOG

父母ヶ浜(ちちぶがはま)

旅のコツ (Japanese)

三豊市観光交流局のサイトを見よう!

父母ヶ浜(ちちぶがはま)に行く方は、まず、三豊市観光交流局のサイトを見ておきましょう。

必要な情報がすべて、書かれています。

三豊市観光交流局 父母が浜

絶景はいつも見られるわけではない

父母ヶ浜は、干潮時に潮が引いて、姿を表す砂浜です

3つの条件が揃ったときに、絶景が眺められます。

  1. 日の入り時刻前後約30分間
  2. 干潮
  3. 風がない

事前に、絶景の見頃カレンダーをチェックしておきましょう。

三豊市観光交流局 絶景の見頃カレンダー

アクセスが難しい

公共交通機関は、JR詫間駅、もしくは、JR観音寺駅発着のコミュニティバスのみです。

本数が少なく、日祝日は運休です。

三豊市コミュニティバス 仁尾線時刻表

ただその代わり、土日祝に限って、JR詫間駅、父母ヶ浜、高屋神社(天空の鳥居)、銭形砂絵展望台、JR観音寺駅間を、シャトルバスが運行しています。

三豊中央観光バス ハーツシャトル

車で行く場合も注意が必要です。

カーナビの目標地点は「香川県三豊市仁尾町仁尾乙203-3 父母ヶ浜海水浴場」にセットしましょう。

夏休みの土日祝日や、お盆、連休などは駐車場が混雑する場合があります

夏休み期間限定で、駐車場の事前予約サービスを利用すると安心です。

父母が浜ヴィレッジ 駐車場事前予約サービス

地域でお金を使って

父母ヶ浜が脚光を浴びるようになったのは、ここ数年のこと。

しかしそれまでに、何度か沸き起こった埋立工事計画に反対をし続け、また、地域の方々が日々、清掃を続けてきました。

「インスタ映えスポット」である前に、地域で守られてきた絶景なのです。

今では多くの人たちが魅了されて、やって来るようになりましたが、そのほとんどが、父母ヶ浜のある三豊市で宿泊、食事、買い物をすることなく、写真を撮って去るだけになっています。

父母ヶ浜周辺にも、小さなカフェやキッチンカーが並ぶようになってきました。

絶景の海でのマリンレジャーもおすすめです。

ちょっと贅沢で、個性的な宿もできてきました。

ぜひ、絶景を守ってきた地域でお金を使ってください。

 

2021/7/30更新

関連記事