BLOG

選べるのは楽しい。It’s your choice!

おしごと Owner's Works

この部屋は2020年3月までは定員8人の男女混合ドミトリー(相部屋)として使ってきました。
This room had been used as a mixed dormitory for 8 guests until March 2020.

その後、新型コロナの影響で4月、5月は全館休館し、6月からは1日1組限定の全館貸切営業として、この部屋の名称も「2段ベッドファミリールーム」に変更しました。

We closed Wakabaya in April and May 2020 due to the pandemic and resumed the business in June.

The name of this room has been changed to “Bunk Beds Family Room” at that time.

しかしその出番は少なくて、11月に5人組の学生さんグループの利用があって以来、しばらくは「冬眠」状態になりました。

However, the room is not used often and hibernated for a while since it welcomed 5 students last November.

それから約4ヶ月経った先週、7人組の学生さんが卒業旅行で利用してくれました。

久しぶりに、明るい話し声が聞こえ、久しぶりに、めいっぱいの清掃をしました。

About 4 months later, 7 students stayed in the room for their graduation trip.

We heard chatting and laughing after a long time.

さらにその4日後には、私の大学時代の後輩たちが、仲間を連れて泊まりに来てくれました。

この定員8人のファミリールームを利用したのは3人でしたが、シーツはいつも、ベッド8床、すべてに用意しています。

Four days later, my friends visited us.

Only three of them stayed in the room but I always prepare sheets on all 8 beds.

これは、コロナ前のドミトリー時代からやってきたことです。

それはなぜかと言うと、選べるのが楽しいから。

I have done it before the pandemic.

This is because it is fun to choose.

旅行者たちはこの、非日常的な2段ベッドの部屋へ案内されると、うれしくなります。

「どうぞ、お好きなベッドを選んで使ってくださいね」と言われると、大人も子どもも、「うわー、どのベッドにしようかな」と、ウキウキしだします。

This unusual room with bunk beds always makes our guests happy.

When I say “Please choose your bed as you like,” not only a child but also an adult gets excited, “Wow, which bed should I take?”

どのベッドでも料金は同じですし、宿泊客にとっても、宿にとっても、そんなのどこでもいいじゃないか、と思いがちです。

実際、私もゲストハウスでドミトリーに泊まったとき、利用するベッドはスタッフの方から指定されることが多かったです。

でもやっぱり、選べるのは楽しいんです。

The charge is the same for any bed, and it does not seem to matter for both guests and host to choose a bed.

Actually, when I stay in a dormitory on my trip, a specific bed is often designated by the staff for my use.

But, to choose by myself is exciting!

私がゲストハウスを運営する中で、大切にしているキーワードがあります。

非日常

私にとっての日常が、若葉屋に来られるお客さんにとっては非日常。

それが観光であれ、出張であれ、受験であれ。

その非日常をもっと楽しくするために、これからも選んでいただきます。

Traveling is not your daily time but a special time.

We continue to ask you to choose a bed to make your special time more special.

関連記事