残り一週間

さて、ここMedina Sabakh村での
暮らしも残すところ1週間+1日となりました。


同居隊員も先日、最終上京しました。
お向かいの大家さん(写真中の青い服)も親戚のお見舞い
ということで、親子のように、一緒にバスで上京して行きました。

ちょっとバタバタとしてきました。


先日、Ndiagnene村で採蜜。
4L弱ぐらいはあったのではないかと思います。
そのうちの2Lを俺がお客さんとして購入。
近所のお世話になった人たちに配ったり、
日本へのお土産として持って帰ろうと思います。
このおやじ、Mamath Diagne氏は眼光鋭く、口数も少なく、
養蜂箱を作るときは一人際立った職人気質を見せる人。
そしてなおかつ、フランス語での会話、
読み書きができるというインテリぶり。
しかし、この写真を撮ったのをあとで
見せると、大笑いで大喜びしてました。


同じく、Ndiagnene村にて。
お父さんとその子どもたちと日本人。
この日は「何もしない」をしに行ってきました。
ただ、雑談して、ラジオを聴いて、ご飯を食べるだけ。
そういう日もあっていいかな、と。
俺のひざに座っている子、Youssafaは
悪がきっぽい顔をしているくせに、すぐ泣く。


先日はずっと悪路、片道40kmぐらい行った
ところのNdiao Bambali村へ行ってきました。
住民組織PENC Diama Gaio代表のBacka Cisse氏から
その前日に電話があって、「明日、養蜂研修をする。
養蜂箱を作るから来てくれ」と言われて行ってみると、「だめだ!
今日は村のあちこちで結婚式があって、参加者が誰もいない!」

なんてこった。

葬式じゃあるまいし、事前に分かるはず、しかもあなた地元民やん!
俺以外にもう一人、地元NGOのスタッフ、Code Ndiaye氏も
呼ばれていて、彼は「うん、仕方ないな、また今度だ」
と言って笑っているので、俺もBacka氏の責任を
追及することはせずに、笑うことにしました。
このCodeという人は、知識があって、
頭の回転もよくて、なおかつ性格も良い。
人の悪口を言うのを聞いたことないし、
怒ったり、相手を不快にさせることもない。
立派な人だわ。

無駄足にはなりませんでした。
もし養蜂研修をするならするで、全然準備ができてない、
道具にも不備多しだったので、そういうのを指摘して、
「研修までに整えとこうね」と言っておきました。
彼は養蜂の知識と経験がまだありませんが、やる気は満々です。


高松の小学校から、Medina Sabakhの小学校への文通が届きました。
これからごりごり、仏訳していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です