発熱、再び

 8月7日、23:30。

気のせいか、のどの痛みと、寒気がする。

床に就くも、あまりにも寒くて寝られない。

普段はTシャツと短パンで寝るのだが、ベストとセーターを
着て、長ズボンと
靴下を履き、バスタオルと毛布をかぶり、
寝る、というより、寝込む。

深夜3時ごろ、あまりにもしんどくて目が覚める。

体温、39.0℃。

解熱剤、パラセタモールを服用する。

朝、相変わらずふらふらの状態。

体温は38.1~38.3℃。

前回の解熱剤服用から6時間は経っているものの、

38.5℃は超えていないので、追加服用は抑えてみる。

昼前、大家さんに、

「病気だ。熱がある。ご飯が作れないから、持って来て欲しい。」

と、SOSを出す。

発熱、軽い下痢、のどの痛みは前回と同じ。

今回は軽い頭痛と軽い咳もある。

風邪だと思う。

昼食は、赤チェブ・ジェンが来た。

おなかには優しくないやろうけど、おいしい。

ただひたすら、寝る。

熱があると、よく寝れる。

夕方、急に汗が出てきた。

汗が出ると、熱が下がる。

計ってみると、37.7。

下がってきている。

よかった。

日本では発熱なんて、ほとんどなかった。

大学生のときにインフルエンザで発熱した以来、たぶん、なかった。

でも、ここはセネガル。

体調も日本とは違うようだ。

大家さんが心配して、様子を見にきた。

「朝よりは良さそうだけど、まだ熱がありそうだな。

 パラセタモールは飲んだか? ゆっくり治しなさい。」

ありがたいの一言に尽きる。

(追記)

今朝、起きたら体温が35.7。

低っ!

とりあえず、熱はおさまった。

でもまだ、のどの辺りが痛かったり、
体調が万全ではない感じがすごくする。

今日は村の水道技師と一緒に、Ndiawara村の野菜畑の

配水設備の不具合を見に行く予定やったけど、延期した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です