BLOG

島から姫路、そして最後の客。(2/2) From Island to Himeji, and the last guest.

旅日記 Travel Journals

姫路での用事を終えて、JRで舞子駅へ。

地上1階のJR舞子駅で電車を降りてから、地上5階の高速舞子バス停で徳島行きのバスに乗るための垂直乗り換え(エレベーターやエスカレーターを乗り継いで上へ上へと登るので)は、5分間、猛ダッシュして成功しました。

とは言え、成功するかどうかは賭けだったため、バスのチケットをネットでは購入せずに、バスに乗ってからの現金払い。

これ、案外知らない人も多いのですが、高速バスは席が空いてさえいれば、予約や事前購入なしでも乗れます。

I left Himeji for Maiko by JR train and hurried to transfer from the train to a highway bus in 5 minutes.

The short time transfer was a gamble, so I did not buy the ticket in advance but bought it in cash on the bus.

Many people don’t know this, but as long as seats are still left, you can get on the highway bus without reservation or advance purchase.

高速バスを鳴門で降り、海を眺めながら幹線道路を歩きます。

そろそろ路地に入るかなというところで、道路際に看板を発見。

uzushio guest houseです。

こうやって道案内の看板を出しているゲストハウスは、日本ではあまり見ないですね。

道案内看板に沿って、なんなく、うずしおゲストハウスに到着しました。

ちょうど宿主のケンさんが玄関前を掃除されていて、思わず、握手で挨拶してしまいました。

今までに連絡を取り合ったことはありましたが、お会いするのは初めてで、興奮のあまり、外観写真を撮り忘れました。

同じゲストハウスオーナーとしての勘といいますか、ウェブサイトなどを見るに、「ここは、いいゲストハウスに違いない」と、うずしおゲストハウスのオープン当初から気になっていたのです。

I got off the bus in Naruto and walked along the seaside for a guest house.

When I was looking for an alley to go to, a direction sign of “uzushio guest house” was waiting for me there.

Such a kind direction signboard is not common for Japanese guest houses.

Thanks to the sign, I could arrive at the guest house easily.

I found the manager, Ken-san sweeping at the entrance and greeted him with shaking hands.

We had contacted each other before but it was the first time to see.

Since his guest house opened, it had interested me because I was sure it would be a nice place.

中に入るとやっぱりすごい。

チェックインからチェックアウトまで、欲しいものが、欲しいときに、欲しいところに、全部ある!

備品だけではありません。

サービス、トーク、オペレーションなども、(失礼を承知で申し上げますと)すべてがよくできています。

同じゲストハウスの宿主として、終始、感嘆の声が漏れ続けました。

The inside was amazing as expected.

From check-in to check-out, everything I want is prepared, where I want it and when I want it!

Not only amenities.

His service, talking, operation and everything was perfect.

As a guest house host, I admired everything.

小さなゲストハウスは、案外、宿主が自己満足に陥りがち。

一方、ホテルはスタッフと宿泊客とのコミュニケーションが少なかったり、スタッフがひとつひとつの業務を自分ごととして捉えられないために、改善が滞りがち。

決して、高級というわけではないのですが、うずしおゲストハウスほど宿泊客目線に立っている宿はそうそう、ないのではないでしょうか。

やはり、来てよかったです。

An owner of a small guest house unconsciously tends to get into self-satisfacted.

On the other hand, also in hotels, improvement is drowsy due to little communication with guests and staff cannot perceive their daily operations as their own.

Never high-class, but I thought uzushio was an exceptional guest house running from the standpoint of guests.

I was really satisfied to visit here.

夕食は、おすすめいただいた「あらし」。

I had dinner at “Arashi”, a local izakaya (Japanese-style bistro) recommended by Ken-san.

シマアジの刺身定食とビールを注文。

もうね、宿の中だけでなく、紹介いただく居酒屋まで完璧だなんて…。

居酒屋、スーパー銭湯へもケンさんが送迎してくださって、夜は宿でゲストハウスの運営などについてのおしゃべり。

遅い時間まで、ありがとうございました。

I ordered a sashimi set.

Not only in the guest house but also the recommended place was perfect.

After dinner and shower, I talked with Ken-san about guest house business and so on until midnight.

翌朝。

これが私が泊まったお部屋です。

そして図らずも、私がうずしおゲストハウスの最後の客となりました。

うずしおゲストハウスは残念ながら、休館されました。

たまたま、私の姫路での用事と、うずしおゲストハウスの最終営業がほぼ同じ日程となったのです。

Next morning.

This was my room.

And unexpectedly, I was the last guest at uzushio guest house.

Uzushio guest house was sadly closed.

My business in Himeji and the closing of uzushio guest house were accidentally scheduled on almost the same day.

うずしおゲストハウスの前で撮ればよかったものの、やっぱり撮り忘れて、鳴門駅前で記念写真。

行けてよかった、うずしおゲストハウス。

お会いできてよかった、ケンさん。

Though I should have taken a picture of us in front of the guest house, I forgot it.

We took it at Naruto Station.

Thank you, uzushio guest house.

Thank you, Ken-san.

関連記事