BLOG

島から姫路、そして最後の客。(1/2) From Island to Himeji, and the last guest.

旅日記 Travel Journals

少し前に、姫路で用事がありまして、向かうことになりました。

高松から姫路なら、交通手段はそう、船ですよね!?

高松港を離れた船は…

I traveled to Himeji.

How do you go to Himeji from Takamatsu?

Take a ferry!?

1時間後、小豆島は土庄(とのしょう)港に到着しました。

After an hour’s cruise, the ferry arrived at Tonosho Port in Shodoshima Island.

手土産を買ったり、小豆島の最新情報を収集したりするために、土庄港観光センターに入ると、いいものを見つけました。

きっと、船の出港までの間、大きなスーツケースを持ったまま、土産売り場や港周辺をうろうろする観光客を見かけたスタッフが発案したのでしょう。

私たちも見習うべき、旅行者目線の一品です。

When I entered the Tonosho Port Tourist Center to buy souvenirs and collect the latest information on the island, I found nice equipment, “Free Luggage Keep”.

A staff saw tourists wandering around the shop and the port with a large suitcase until the ferry departure, and the idea has come up, probably.

They have a good traveler’s perspective that we also should follow.

そうこうしているうちに、土庄港発福田港行きのバスが発車する時刻になりました。

1時間の島バスの旅です。

小豆島内の人口密集地帯である土庄〜草壁間を抜ければ、交通量も少なくなり、海を見ながらの穏やかな車窓を楽しめます。

ぼんやりしているうちに、その写真を撮ることも忘れ、福田港に着きました。

The time has come to leave the Tonosho Port for another port in Fukuda by bus.

After passing through the populated area between Tonosho and Kusakabe, we can enjoy calm seaside scenery from the window.

While I forgot to take a picture of that view, the bus arrived at Fukuda Port terminal.

福田港のフェリーターミナルは数年前に、趣ある木造に建て替えられ、「廻船問屋傳右衛門」と名付けられました。

A few years ago, the building of Fukuda Ferry Terminal was rebuilt into a quaint wooden Japanese-style.

そしていよいよ、小豆島福田港から、姫路港へ向けての100分の船旅です。

船内でオリーブしまちゃんと対面しながら、うどんを食べました。

Finally, a 100-minute cruise from Shodoshima Fukuda Port to Himeji Port has been launched.

I ate udon noodles on the ship with “Olive Shima-chan”.

姫路港に着くと、JR姫路駅行きの路線バスが接続します。

30分で姫路駅に到着。

なんやかんやで約5時間、交通費は2,830円かかりました。

A local bus takes us from Himeji Port to JR Himeji station in 30 minutes.

Finally, it took around 5 hours and the fare was 2,830 JPY in all from Takamatsu to Himeji via Shodoshima.

今回、このルートを選んだのには、訳があります。

それは、香川から関西方面へ抜けるルートを若葉屋のお客さんに紹介するときに、ときどき、この小豆島経由の船旅を提案することがあります。

しかし、実は私自身がこのルートを通ったことがなかったのです。

提案するからには、いつかは自分で確認しておきたいと思っていました。

福田港〜姫路港のフェリーからの風景や、姫路港〜姫路駅の距離感がわかって、収穫あり。

I had a reason to choose this unusual route.

Though I sometimes suggest this route via Shodoshima to Wakabaya’s guests leaving Takamatsu for the Kansai area, I had not practiced it.

Since I suggested it, I wanted to confirm it myself someday.

It was a good harvest for me to see the view between Shodoshima and Himeji from the ship and get the sense of distance between the port and the station in Himeji.

さらに、今回、フェリー会社のサイトを見ていて発見したのが、こちら(詳細)。

フェリーに車を載せる場合は、こんなお得な切符があるんですね!

宿主たるもの、やはり実地確認は大切です。

Furthermore, I found a good promotion ticket while viewing the ferry company’s website.

A driving tourist can get a discount to take both ferries between Takamatsu / Tonosho and Fukuda / Himeji with a car.

Practical travel is really necessary for a guest house owner.

関連記事